DragonMaster

【DMT】DragonMaster(ドラゴンマスター)の始め方・稼ぎ方・NFTBOXの購入方法を徹底解説!

DragonMaster(ドラゴンマスター)とは

DragonMasterとは、大小デザイン様々な可愛らしい特徴を持ったドラゴンが互いに5本のレーンで向き合い押し合いをして、敵の陣地まで向かわせるPvPタワーディフェンス系BCG(ブロックチェーンゲーム)です。

\ 動画でも解説を行っております /

ルールはとっても簡単で、
5つのレーンを駆使して戦略的にドラゴンをリアルタイムで配置します。

相手のドラゴンを押しやりつつ、こちら側のドラゴンを敵陣に侵入させることで相手のHPにダメージを与えることができ、先に相手のHPを0にした方が勝ちの、リアルタイムシミュレーションゲームになります。

FOS
FOS
ドラゴンのサイズが大きいほど押す力は強いけど与えるダメージは少ない。逆にサイズが小さいと押す力は弱いけど、ダメージは大きい。シンプルながら戦略性も高い。また、リアルタイムのPvPなのでアツい!そしてなんと日本語対応してる数少ないBCGです!キャラデザも可愛い。

その他、基本的な情報は下記よりご参照頂ければ幸いです。

DragonMaster
詳細
リンク先
読み方 ドラゴンマスター
チェーン Polygon
稼ぐトークン
$TOTEM(排出トークン)
DragonMaster($TOTEM)価格

$DMT(※ゲーム内獲得トークンは$mDMT)
DragonMaster($DMT)価格
NFT取得方法
(BOXorDragon)
ゲーム内マーケットプレイス
OpenSea
ガチャの引き方はこちら→(ガチャの引き方へジャンプ)
公式サイト DragonMaster公式サイト
Twitter DragonMaster Twitter
Telegram DragonMasterYouTube
White paper DragonMaster ホワイトペーパー
Discord DragonMaster ディスコード
ダウンロード
ダウンロード先(iPhone)
ダウンロード先(Android)
運営会社 Magic Hat
FOS
FOS
現時点で無料プレイは出来ずドラゴンNFTを4体(S/M/L/XLサイズ)を揃えて初めて稼げるようになります!
更新!2022.7.15から #DragonMaster は無料プレイにも対応しました!☺️ デイリー$TOTEM報酬などを無料プレイでも獲得できるようになりました!
FOS
FOS
無料で始められて稼げるのは大きい!無料プレイで稼ぐための方法のこちらの記事もお読み頂けますと幸いです。

【DragonMasterの始め方】アカウント登録方法

DragonMasterは、

アカウント登録方法
  1. 公式HPからメタマスクウォレットの接続
  2. メールアドレスとパスワードの登録
  3. アプリを起動して連携

の順番で進めていきます。

FOS
FOS
まず公式HPにログインすることから始めましょう。公式HPで作成したアカウントでアプリにログインする形がスムーズです。

DragonMaster公式HPで、まずメタマスクとの連携を求められますのでご自身のアカウントとPolygon Mainnetに接続します。

DragonMasterを始めるにはメタマスクなどのウォレットが必須となります。お持ちでない方はまずこちらからメタマスクのご準備をお願いします。

メタマスク認証が終わったらこのようなアカウント登録に必要な、メールアドレス登録画面になります。

Verification codeを入力しましょう

お好きなメールアドレスを入力し、reCAPCHAを終えた後、
③でVerification codeを先ほど入力したメールアドレス宛に送りましょう。

ご自身のアドレス宛に送られてきたVerification codeを④の箇所に入力して、【Confirm】ボタンを押せば登録完了です。

FOS
FOS
次はパスワードの設定をしましょう!
パスワードの設定をしましょう。

そのままダッシュボードのPlayer Accountからパスワードの設定をしましょう。

FOS
FOS
これでアプリを起動して、メールアドレスとパスワードを入力してログインできるようになりました!

そのままDragonMasterのアプリを起動して、【ログイン】を押しましょう。

DragonMaster
ダウンロード
ダウンロード先(iPhone)
ダウンロード先(Android)

アプリ画面で先ほど設定メールアドレスとパスワードを入力します。


するとログイン完了です。

FOS
FOS
お疲れ様でした!

ここから、真ん中の“チーム編成”でオリジナルのドラゴンチームを作って試合に挑むのですが、そのためにはNFTBOXを購入・開封するか、ドラゴンをマーケットで購入する必要があります。

FOS
FOS
最低S/M/L/XLの4体のドラゴンが必要になります。
NFTBOXやドラゴンの購入方法はこちらからご参照ください。
NFTBOX/ドラゴンの購入ページへジャンプ

【DragonMasterの稼ぎ方】どうやって稼ぐ?

DragonMasterには稼ぎ方が大きく分けて4種類ございます。

DragonMasterの稼ぎ方
  1. 試合をこなすことで$TOTEMを稼ぐ
  2. $TOTEMの所有量に比例した$mDMTをファーミングで稼ぐ
  3. 勝利数に応じたシーズンごとのランキング上位報酬($DMT)
  4. ドラゴンをブリード(ミント)してマーケットで売却・レンタルする

どのくらい稼げるの?

プレイを始めて10日、約$12の収益

プレイを始めて10日ほど経った私の収益が約$12USDでしたので、通常プレイでは一日あたり約120円ほどの収益になります。

FOS
FOS
後述しますがもちろん、$TOTEMを獲得していくと、もっと効率的にファーミングで$mDMTを稼げます!または、腕に自信がある方はシーズン報酬(ランキング上位報酬)で一気に稼ぐ!、と。

また、大まかなイメージが掴みやすなります為この図をご覧頂けますと幸いです。

FOS
FOS
それぞれ解説していきます!

①試合をこなすことで$TOTEMを稼ぐ

DragonMasterでは、バトル1試合ごとに$TOTEMが付与されます。

これが$TOTEM。Tの意志を感じる石。

試合に勝利すると$10TOTEM

試合に敗北すると$1TOTEM

が獲得できます。

ちなみに、トロフィーの数が5000以上の場合、ゲームの勝利報酬は$11TOTEMに。トロフィーの数が10000以上の場合、ゲームの勝利報酬は$12TOTEMになります。(バトルに勝利するたびに 30 個のトロフィーを獲得し、トロフィーの数が 2000 個を超えると、バトルに負けると一定量のトロフィーを失います。)
FOS
FOS
試合に勝つか負けるかで10倍の差・・!燃える・・!

その他にも、デイリークエストをこなすことでも$TOTEMを手に入れることができます。

FOS
FOS
TOPページの”タスク”から確認できます!

この$TOTEMは公式HPからClaim(請求)することでウォレットに移し、Maticなどに交換することが可能です。

現在はQuickSwapにて取り扱いされています。

$TOTEM(排出トークン)
コントラクトアドレス:0x1adcef5c780d8895ac77e6ee9239b4b3ecb76da2

ただ、$TOTEMはただ換金するだけではなく、
ゲーム内に貯めておくことで$mDMTの獲得効率を上げることもできます。

FOS
FOS
それが今から説明する”②”ですね!

②$TOTEMの所有量に比例した$mDMTをファーミングで稼ぐ

$TOTEMはゲーム内に溜めておく(ファーミングする)ことで$mDMTの獲得効率を上げることも可能です。

これが$mDMT。$DMTとの区別は至難の業。


ファーミングとは、
$TOTEMを所持しているすべてのプレーヤーに毎日提供される収益分配プロジェクトです。

TOPページ右上の【ファーミング】から、
神聖な祭壇に入り、$mDMTを回収することができます。

現在(2022.06)は、
2時間ごとに、3,000,000mDMTが生成され、各プレイヤーの$TOTEM保有数と、全アクティブプレイヤーの$TOTEM保有比率によって分配されます。

FOS
FOS
つまり、ゲーム内に$TOTEMを多く持っているプレイヤーほど、$mDMTを多く獲得できるってことだね!

ただし、神聖な祭壇から48時間$mDMTを獲得することを放置すると、非アクティブプレイヤーと見なされ、次回獲得まで$mDMTはファーミングされませんのでご注意ください。

$mDMTは$TOTEM同様、
Claim(引き出し)により$DMTとしてウォレットに移すことができます。

ただし、mDMTとDMTトークンの比率は1000:1なので注意してください。

$DMT のコントラクトアドレス
0x04f177fcacf6fb4d2f95d41d7d3fee8e565ca1d0

③勝利数に応じたシーズンごとのランキング上位報酬($DMT)

DragonMasterでは、ランキング上位の方にシーズン報酬として$DMTが付与されます。

FOS
FOS
そのままウォレットに$DMTが付与されます。ありがたい。

現在(5.27~6.27で開かれていたSeason3)では、トータル報酬が89,600DMTでした!

参考までにその際のプライズリストを貼っておきます。

FOS
FOS
これはあくまでSeason3の際に配られたランキング報酬で、今後は変動が想定されます。毎回チェックしてみてください。

④ドラゴンをブリード(ミント)してマーケットで売却する

プレイヤーが所持しているドラゴン2体を【$TOTEM】と【$DMT】を使用することで、新たなドラゴンを誕生(ミント)させることができます。

コストは親のブリードする度に(回数によって)上がっていき、以下が親1体当たりの参考値となります。


そして、2体掛け合わせるときの参考値がこちらです。

たとえば、Dragon A(0/5)とDragon B(1/5)の場合、TOTEMの合計コストは1060で、DMTの合計コストは150です。

掛け合わせによって生まれるドラゴンのランクは親によって決まり、その確率は下記となります。

FOS
FOS
実際に掛け合わせる時には、画面に確率が出るからそのページを見た方がわかりやすいかも!

ミントに必要な$TOTEMと$DMTを支払い、少額のガス代※を支払うと・・

※公式HPのマーケットでの購入やOpenseaでの購入には代金としてのETH(Polygon)と少額のガス代としてのMATICが必要になります。

FOS
FOS
卵が生まれた!!

注意点として卵が生まれてから孵化(ハッチング)完了までに5日間かかります。


その後、誕生したドラゴンはそのままパーティに使用してもいいですし、マーケットに出品することもできます。

▼DragonMasterマーケットプレイスページ
https://dragonmaster.co/#/marketplace

FOS
FOS
色んなドラゴンが様々な価格帯で販売されているね!価格帯を見ることで強いドラゴンも自然にわかってくるね。

NFTBOX(EGG Box)の購入方法

ゲームを始めるために必要なドラゴンやNFTBOX(EGG Box)はDragonMaster公式HPOpenseaで購入することができます。

FOUR-EGG Box

FOUR-EGGボックスには、それぞれ異なるサイズ(S / M / L / XL)の4つのドラゴンが入っており、それぞれが異なるレアリティとスキルを持っています。

FOS
FOS
4体のサイズ(S / M / L / XL)のドラゴンがセットのBoxです!今すぐゲームを始められる、スターターキットですね。

【参考排出レート(※22.06時点)】

SINGLE-EGG Box

SINGLE-EGGボックスには、レアリティとスキル、サイズ(S / M / L / XL)、種族が完全ランダムの1体のドラゴンが入っています。

FOS
FOS
入ってるドラゴンはサイズもランダムで1体!

【参考排出レート】


【参考排出レート(※22.06時点)】

FOS
FOS
すぐにでも始めたい方は、FOUR-EGGボックスを購入するのが手っ取り早いですね。

また、ドラゴンはマーケットプレイスから選定して1体1体購入することもできます。

▼DragonMasterマーケットプレイスページ
https://dragonmaster.co/#/marketplace

公式HPのマーケットでの購入やOpenseaでの購入には代金としてのETH(Polygon)と少額のガス代としてのMATICが必要になります。

まずは購入資金のWETHをマーケットで使用するための許可を出した上で購入へと進みます。

FOS
FOS
無事にお迎えできました!これでページ”DRAGON”の中に仲間入りしているはずです。

DragonMasterゲーム画面の見方

ここではDragonMasterのゲーム画面の見方を説明します。

DragonMaster
ゲーム画面
説明

①$TOTEM
現在の$TOTEMの数を確認できます。
ゲーム内ではドラゴンのリペア(修復)に使用したり、ブリードに使用できます。

TOTEM保有量が多くなればなるほど、ドラゴンのリペアに必要なTOTEMの費用対効果が上がる仕組みです。

②$mDMT
仮想通貨である$MDTと1000:1で交換できるゲーム内トークンです。
クレームを行うことで$DMTに変換できます。
④の【ファーミング】で手に入れることができます。
DMTは他の通貨にパンケーキスワップなどを使って交換できることはもちろん、ゲーム内ではブリードに必要になります。

③トロフィー

トロフィー獲得数を世界中のプレーヤーと競います。
ランキング上位に入賞するとランキング報酬としての$MDTが配布されます。
画面右上トロフィーマークから、現在の自分のランキングが確認できます。

④ファーミング

神聖な祭壇にアクセスすることができ、mDMTを回収できます。
48時間以内にmDMTを受け取らないと非アクティブと認定され、mDMTがファーミングされなくなりますので注意。

⑤チーム編成等
1.チーム名:ここでドラゴンの編成を組めます
2.ドラゴンズ:所有しているドラゴンの確認ができます。
3.タスク:デイリーミッションを確認でき、TOTEMを手に入れることができます。
4.記録:今までのバトルの記録を振り返ることができます。
5.設定方法:メルアドやパス、音楽など各種設定を変更できます。

エネルギー
1バトルあたり1消費するエネルギー残量が確認できます。
1時間に1回復するほか、13時のタイミングで全快します。

また、エネルギーは所有するドラゴンの数によって上限が変わります。

開催シーズン詳細
基本毎月開催されるシーズンイベントの詳細が確認できます。
FOS
FOS
Sドラゴンが蝶々に見惚れたりするの可愛すぎませんか・・?笑

各ドラゴンの特徴・スキル解説

各ドラゴンにはサイズの違いだけでなく、それぞれ基本ステータスも異なり、ドラゴンの種族ごとにそれぞれオリジナルのスキルを持っています。

そんなドラゴンの種族ごとに異なるスキルをこちらの記事で解説しております!

FOS
FOS
全ドラゴン集めたい!

ETH(Polygon)でのNFT BOX/Dragon購入方法

ここからはNFT BOX(Egg-Box)を開くためのガチャに必要な$ETH(Polygon)を購入する方法を解説していきます。

仮想通貨の購入は投資であり、リスクがございます。余剰資金の範囲内で行われることを推奨いたします。

具体的な流れは以下の通りです。

ETH(Polygon)購入の流れ
  1. 国内取引所(GMOコイン)を開設・BTC購入
  2. GMOコインからバイナンスへBTCを出金
  3. バイナンスでBTCとMATICをトレード
  4. バイナンスからメタマスクへMaticを送金(Polygonチェーン)
  5. QuickSwapでMaticからETH(Polygon)へ交換する
  6. ETH(Polygon)で宝箱(EGG-BOX)を購入
FOS
FOS
手順は多く見えますが、私も最初はゆっくり進めていって、無事ETH(Polygon)を購入できました。丁寧に説明していきます!全く慌てないでOKです。※もし以下のフローでわからないことがございましたらお気軽にTwitterなどで聞いてくださいね。

①国内取引所(GMOコイン)を開設・BTC購入

画像出典:GMOコイン

まず、仮想通貨をお持ちでない方は国内取引所(GMOコイン)を開設してBTC(ビットコイン)を購入していきましょう。

↓↓↓

ここでGMOコインを推している理由なのですが、現在(2022.4)GMOコインがGMOコインの口座から日本円を入出金する場合の手数料が、無料だからです。

FOS
FOS
取引手数料のみならず、入出金手数料もすべて無料。これが大きいです。私もずっと使用していたZaifから乗り換えました。(余談ですがZaif使ったらBTCの送金手数料4,000円かかりました…泣
GMOコインの手数料一覧
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料 無料
取引手数料 無料
FOS
FOS
開設の流れは、メールアドレスを入力して、本人確認証(免許証でOK)をアップしたら完了です。最短10分で登録完了できます。

口座開設後は、入金手数料無料な即時入金を選択して、ビットコインを日本円で購入していきましょう。

ビットコインの購入方法は、

  1. 現物取引を選択
  2. 買いの売買区分の選択
  3. 数量入力
  4. 確認

で完了です。

FOS
FOS
日本円の入金・ビットコインの購入・送金の手数料無料はほんと神です・・。まだコ○ンチェックやZa○fにしか口座を持ってない人はGMOを作っておいて損はありません。

②GMOコインからバイナンスへBTCを出金

バイナンス(Binance)は世界で一番利用されている仮想通貨取引所です。

FOS
FOS
他の草コインって言われるアルトコインの種類も豊富。国内利用率も高い大手取引所です。

↓↓↓

最初に「国籍」「氏名」「生年月日」を入力し、 次のページで「住所」「郵便番号」「市区町村」を入力。 入力はいつも通り「東京都新宿区…」っていう日本語でOKです
FOS
FOS
日本語になってないよ!って人はバイナンスのサイト内、右上に「ダウンロード」の⇒にある言語選択から日本語変更可能です。

GMOコインでBTCを購入した後は、
バイナンスにて口座開設を行い、
GMOコインから、バイナンスのBTCアドレス宛にBTCを送金
します。

FOS
FOS
手順としてはバイナンスでBTCの入金先のアドレスを取得して、そこに送る、って感じです!

バイナンスでBTCの入金先アドレスを取得

バイナンスのページ右上にある”人型のマーク”をクリックして、メニューの「ウォレット」から「フィアットと現物」をクリックし、表示されたページで入金ボタンをクリックします。

するとこのページになります。

このページで

  1. 通貨→BTC(ビットコイン)を選択
  2. ネットワーク→BTC(ビットコイン)を選択
  3. アドレス→コピーしておきます。
FOS
FOS
この③のアドレスがGMOコインでBTCを送る時に必要になります。

入金先アドレスが確認出来たら、
あとはGMOコインの出金ページで送金の手続きを行ってください。

  1. GMOコインのHPで、入出金をクリック
  2. 暗号資産のビットコインを選択
  1. 暗号資産“送付”のタブから
  2. 新しい宛先の追加
  3. 先ほど取得したバイナンスのビットコインアドレスを入力

宛先登録が完了するとGMOコインの画面に反映されます。

  1. 宛先の選択で先ほどの宛先を選択
  2. 送付数量の設定
  3. SMS認証
  4. 確認

この手順で送付完了できます。

GMOコインの手数料0はほんとありがたい…
バイナンスへ入金に掛かる時間はコインによって違うので一概には言えませんが、BTCであればおおむね30分程度でバイナンスに反映されるはずです。

③バイナンスでBTCをMATICに交換

ここでは一番簡単な「コンバート(交換)」という方法でBTCをMATICに交換していきます。

バイナンス(Binance)にログイン後、画面上部のタブより
【トレード】→【Binance Convert】へ進みます。

振替元と振替先のプルダウンからそれぞれ

  1. 振替元→BTC
  2. 振替先→MATIC

を選択して、必要なMATIC金額分のBTC量を入力して
【コンバージョンプレビュー】を選択します。

金額を確認したのち、【コンバート】ボタンで変換完了です。
コンバートボタンをクリックするとすぐに交換が始まります。

FOS
FOS
コンバートボタンは、常時相場が動く関係で時間制限が6秒ほどとなっています。時間切れとなってしまった際は”更新”をクリックしてください。

④バイナンスからメタマスクへMaticを送金(Polygonチェーン)

MetaMask(メタマスク)のキャラクターのキツネさん。かわいい。

MATICを手に入れたらあとはDradonMasterのEgg-Boxを購入するのに必要なETH(Polygon)を入手できる準備に差し掛かれます。

FOS
FOS
そもそもMetaMask(メタマスク)ってなに?

MetaMask(メタマスク)とは、
ざっくりと説明するなら、仮想通貨を入れておくためのお財布です。

  • Google Chrome(グーグルクローム)
  • Firefox(ファイアフォックス)
  • Brave(ブレイブ)
  • Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ)

こちらのブラウザを利用している方はMetaMask(メタマスク)をインストールしてすぐにウォレットを作成できます。

FOS
FOS
私がChromeユーザーですので画面はChromeで説明していきますね!

MetaMask(メタマスク)をインストールする

まず、MetaMask(メタマスク)をインストールしていきます。

▼MetaMask(メタマスク)公式サイト
https://metamask.io/

こちら↑↑↑からMetaMask(メタマスク)公式サイトに飛び、右上にあるダウンロードをクリックします。

FOS
FOS
日本語翻訳表示にしちゃってOKです!

【Chrome用のMetaMaskをインストールします】
をクリックします。

FOS
FOS
そのままChromeにダウンロードして拡張機能をONにしましょう!

Chromeにダウンロードされたら、
アカウントの作成をクリックして、パスワードの設定、バックアップ用のシードフレーズの入力に進み(12個の英単語が表示されるので入力していく)ます。

FOS
FOS
このシードフレーズは大事に保管しておいてね。

するとこのような画面になるかと思います。

FOS
FOS
これでお財布自体は出来上がった。あとはこのお財布をPolygonチェーン上で動くように設定してあげます。(もう少しだからついて来てね・・!!

MetaMaskにPolygonチェーンを設定する

ドロップダウンメニューから「Settings」を選択します。

そして、カスタムRPC(またはネットワークの追加)をクリックします。

ここでPolygonチェーンを追加するために、下記の情報を入力していきます。

  • ネットワーク名 Polygon
  • 新しいRPC URL https://polygon-rpc.com/
  • チェーンID 137
  • シンボル MATIC
  • ブロックエクスプローラーURL https://polygonscan.com/
FOS
FOS
これが手動でPolygonチェーンを追加する設定です!(公式情報なので安心して入力してください。)

すべて入力後に「保存」をクリックすると、
ネットワークの一覧に「Polygon」が追加され、ネットワーク接続がPolygonに切り替わります。

FOS
FOS
みんなできたかな・・?!これでメタマスクの導入は完了です。お疲れ様でした・・!!

バイナンスからメタマスクへMATICを出金

あとはGMOコインで行ったことと同様に、
バイナンスからメタマスクへMATICを出金手続きを行います。

  1. バイナンスHPで出金→仮想通貨の出金
  2. 通貨にMATICを選択
  3. 出金先のアドレスにメタマスクのアドレスをコピーして貼り付け
  4. ネットワークはPolygonチェーンを選択
  5. 金額(数量)を入力
  6. 出金

この流れで進めていきます。

FOS
FOS
③の”出金アドレス”だけわかりにくいと思うのですが、
さっきメタマスクを設定した時にPolygonネットワークのアドレス(Polygonチェーン)が発行されてるので↑これをコピーすればOKですよ!

出金ボタンを押し、承認をクリックで大丈夫です。

FOS
FOS
あとはメールで認証して出金が承認されるまで待ちます(5分くらいかな!

少し待った後でメタマスクを確認してみて下さい。

FOS
FOS
無事反映されておりましたでしょうか?これでメタマスクにMATICが入金出来ました!おめでとうございます!

⑤QuickSwapでMaticからETH(Polygon)へ交換する

FOS
FOS
いよいよ終盤でございます・・!

QuickSwap(クイックスワップ)
という通貨交換サイトにて、MATICETH(Polygon)へ交換(スワップ)します。

https://quickswap.exchange/#/swap
★QuickSwap(クイックスワップ)公式サイト

アクセスしたらまず、
右上の「Connect to a wallet」をクリックして、メタマスクの Polygonチェーンと連携します。

実際にConnectできると、右上の表示が変わります。

FOS
FOS
メタマスクのアドレスに変わったね!※メタマスクは先程追加した「Polygon」に接続してくださいね。(イーサリアムネットではございません。)

その後、【Select a token】でETHを選択できたら、交換したいETHの数量になるようMATICの数量を入力します。

交換時に少額のガス代(MATICでの手数料)が発生しますので、MATICを残しておくためにも、交換最大額は95%ほどにしておきましょう。

価格自体は毎秒毎秒変動しているので、
“Price Updated”には“Accept(了解)”のボタンをクリックします。

あとは、メタマスクにETH(Polygon)をインポートしていきます。

FOS
FOS
ETH(Polygon)の正式名称はWETHと言います。

上記【トークンをインポート】をクリックして、

0x7ceb23fd6bc0add59e62ac25578270cff1b9f619
★ETH(Polygon)=WETHコントラクトアドレス

このETH(Polygon)のコントラクトアドレスを入れれば完了です!

FOS
FOS
これでメタマスクにETH(Polygon)=WETHが反映されていれば、公式HPのマーケットからドラゴンだったり、OpenseaからEGGBOXが、購入できますよ!
FOS
FOS
このETH(Polygon)購入フローの中でわからないことがございましたらお気軽にリプやDMなどでお問合せください!

なお、おすすめ国内取引所はGMOコインですね。

FOS
FOS
国内大手取引所で安心感もありながら、出金時も手数料無料GMOコインはやっぱり最強で、BCGやる人の強い味方ですよね。コインチェックやZaifだとどうしても高額な手数料が取られてしまいますので、圧勝です。まだ口座を開設されてない方は是非検討してみてください。

↓↓↓

DragonMasterで稼いだ$mDMTを換金(クレーム)する方法

DragonMasterで稼いだ$mDMTを$DMTとして換金(クレーム)する方法は簡単です。

ゲームTOP画面の$mDMTマークをクリックします。

遷移した画面で【引き出し】をクリックします。

ウォレットアドレスが正しいか確認した後、お好きな量のmDMTを入力して【引き出し】で完了です。

FOS
FOS
お疲れ様でした!

なお、注意点といたしまして

  • ウォレット反映には約72時間かかる
  • 手数料として一律3%差し引かれた量が引き出される

ことは念頭に置いておいてくださいませ。

ちなみに、公式HPからでもmDMTのClaimは可能ですのでお好きな方で行って大丈夫です。

FOS
FOS
公式HPのGame Balance画面を見るとUSD単位で保持しているトークンがわかるから便利だね!

耐久力が0(ゼロ)になってしまったドラゴンの復元方法

もの悲しそうな顔をするドラゴン

それぞれのドラゴンには【耐久力】があり、耐久力が0になってしまったドラゴンはバトルに連れて行くことができません。(4体のドラゴンでパーティが組めないとバトルが不可に)

FOS
FOS
耐久力が10以下になるととっても悲しそうな顔をするドラゴン・・笑

減ってしまった耐久力はいつでも$TOTEMを消費して回復させることが出来ます。

“ペット”表記。笑
FOS
FOS
ペット表記なのが笑える・・笑

ドラゴンの耐久力の回復方法は、

アプリ下部の【ドラゴン】ボタンをクリックして、【復元】をクリックします。

すると、手持ちの全ドラゴンの耐久力を$TOTEMを消費して全快させることが出来ます。

パーティ全体の耐久力を回復

もちろん、個別にドラゴンごとで耐久力を回復させることも可能です。

耐久力を回復させたいドラゴンを選択して、復元をクリックするだけです。

ここでポイントなのですが、
TOTEMの所持量が50,000を超えると、ドラゴンの復元費用が割引になります。

FOS
FOS
50,000TOTEM以上持っていると、割引率が一定量で上がっていき、最大で50%OFF!

多くTOTEMを持っている方が復元費用が安くなります。

TOTEM保持量によってmDKTの獲得量UP

またTOTEMを所持していると、
前述したファーミングでのmDMTの獲得量も上がります。

ここから、ドラゴンの復元は0になったタイミングで、などバトルを行える限り基本的にいつ復元しても良いので、できるだけ後回しにした方が良いかもしれませんね。
FOS
FOS
割引特典とファーミング特典はTOTEM量に比例する。だから耐久力を回復させる(TOTEMを消費する)のはドラゴンが耐久力が無くなるギリギリの方が良いってことですね。

DragonMasterゲーム攻略法

勝率を上げるためのTIPS
  •  L/XLドラゴンがいない状態で 1 つのレーンでドラゴンを多く送り込まないこと!相手は自分のL/XL ドラゴンでこちらのドラゴンを簡単に押し戻すことができます。
  • L/XLドラゴンは、相手との重量戦(ジャパニーズ・スモウ)を競うために必要になるため、バトルで保存しておきます。シールドアイテムが登場した時など、適切なタイミングでL/XLドラゴンを使用すると、ゲームに勝つ可能性が高くなります。
  • 今ドラゴンを進軍させているレーンで相手を倒すことができないことに気付いたら、レーンを切り替えます。同時に、より強力なドラゴンを待って保存しておきます。
  • より多くのドラゴンがいるレーンで対戦相手を重量戦(ジャパニーズ・スモウ)打ち負かしにいきます。
  • 例えば別のレーンにドラゴンをあえて進軍させて対戦相手をおびき寄せることもできます。相手が釣られて L/XLドラゴンを進軍させてきたら、レーンを切り替えて攻撃します。
  • レーンに出現する高ステータスのシールドアイテムやHP回復アイテム、中盤戦以降で出現する岩石(60ダメージ)は活用しましょう。(逆にTOTEMやmDMT、低ステータスの体力回復などは不要です)
  • 試合開始直後最初の手持ち3体で勝てないと判断した場合、その次のアイテムが出てくるレーンにドラゴンを全力投球しましょう。

YouTubeでのライブ配信も行いましたのでよろしければ参考にしてくださいませ。

FOS
FOS
逆に”こんな攻略法あるよ!”っていうのがあれば教えてね!

よくある質問

無料でプレイできないの?

できます!
2022.7.15から #DragonMaster は無料プレイにも対応しました!
デイリー$TOTEM報酬などを無料プレイでも獲得できるようになりました!

FOS
FOS
無料で始められて稼げるのは大きい!無料プレイで稼ぐための方法のこちらの記事もお読み頂けますと幸いです。
error: このコンテンツのコピーは禁止されています。