Play to Earnゲーム紹介

StepApp(ステップアップ)の始め方・稼ぎ方・NFTシューズの購入方法を徹底解説!

StepApp(ステップアップ)とは

StepApp(ステップアップ)とは、M2E(Move to Earn)プロジェクトで、NFT靴(スニーカー)を入手し、 実際に移動することで仮想通貨である$FITFI/$KCALを入手できるNFTゲーム(BCG)です。

FOS
FOS
そしてなんと、あのウサインボルト選手が公式アンバサダーとして広告塔になっています。(誰もそんな速度で走れないよ…笑)

STEPN(ステップン)との違いは、
StepApp(ステップアップ)は、そもそもM2EのStepApp(ゲーム)自体はあくまでStepエコシステム(経済圏=簡単にいうと独自の小さな世界)のひとつで、現在もStepApp周りに以下のような様々なサービス

  1. STEP NETWARK(独自チェーン)
  2. STEP BRIDGE(暗号資産を特定チェーン上から異なるチェーン上に移動させるサービス)
  3. STEP EX(DEX=分散型取引所)
  4. STEP LAUNCH(ローンチパッド=新規上場予定の仮想通貨をいち早く入手できるサービス)

などを既に展開しています。

FOS
FOS
そのほかにもSTEP SCANというトランザクションを追えるサービスもあります。今後も追加のサービスもローンチ予定です。基本的にこれらのサービスにガバナンストークンの$FITFIを使用する形ですね。

STEPNは単一アプリで、
歩いて、稼いで、売る、だけの仕様が要因のひとつとなり、結果的に売り圧に耐えれずにトークン価格が下落の一途を辿ってしまう、というものでした。

しかし、StepAppはトークンの$FITFI/$KCALにユーティリティー(=色んなところで使える)が増え、ただただトークンを稼いで売るだけにならないように、売り圧が大きくならない構想が具体的に練られています。

FOS
FOS
この誰もが“ユーティリティをつくれば改善できる!”とわかっていたけれど、改善するには規模が大きすぎて実現できなかった、経済圏を作る問題に真っ向から立ち向かっているプロジェクトなので、私も注目しています。

実際に、StepApp(ステップアップ)はSTEP  NETWARK(ステップネットワーク)という独自チェーンの上で展開されているアプリです。

FOS
FOS
あと細かいゲーム内の仕様でいうと、レベルアップする時のステータスが全体的に自動で上がったりします。(振り分けできない)

その他、基本的な情報は下記よりご参照頂ければ幸いです。

StepApp
詳細
リンク先
読み方 ステップアップ
チェーン Step NetWork(Avalanche Subnet)/Avalanche
稼ぐトークン

$KCAL(発行量無限のゲーム内トークン。STEPNでいうGST)

$FITFI(ガバナンストークン。STEPNでいうGMT)

NFT靴取得方法 アプリ内マーケットで購入
公式サイト StepApp 公式サイト
Twitter StepApp Twitter
ホワイトペーパー StepApp WP
Discord StepApp ディスコード
ダウンロード ダウンロード先(iPhone)
ダウンロード先(Android)
運営会社 Step Labs
FOS
FOS
稼げるコインは$KCALと$FITFIです。

【始め方】ダウンロード・アカウント登録方法解説

ここからは実際にStepAppの始め方・トークンの買い方を説明していきます。

NFT靴を購入するのに$FITFIが必要になり、
Bybitなどの海外取引所への口座開設、$FITFIの用意が必要になります。

始め方


まず、StepAppアプリをダウンロードする必要があります。

ダウンロード ダウンロード先(iPhone)
ダウンロード先(Android)

アンドロイドをお持ちの方は、Google Play Storeで「Step App」と検索してください。iPhoneの方は、ベータ版アプリにアクセスするために、まずApp Storeから「Test Flight」をダウンロードする必要があります。その後、Step Appのヘルプページに移動し、上記リンクを使用してiOSベータ版アプリをダウンロードしてください。
FOS
FOS
2022.11現在はベータ版DLとなっております。(正式ローンチは12月1日)詳細は、公式ディスコードを覗きにいこう!

アクティベーションコードの入手

StepAppは現在招待制になっており、既にプレイしている方からアクティベーションコードを譲ってもらうか、公式ディスコードやテレグラムから1時間に1回公式からいくつかのアクティベーションコードが配布されていますので、そのコードを使用する必要があります。

Discord StepApp ディスコード
FOS
FOS
これが結構な争奪戦だから、既にStepAppをプレイしている友達に分けてもらうと早いかも!アプリをやっていれば自然とコードが付与されて溜まっていくから!

StepAppへのサインアップ


iPhone/Androidの各デバイスでアプリをDLした後、メールアドレス認証でSTEP APPにサインアップします。


その後、認証コードが送られてくるので、それを入力してアプリにログインします。

FOS
FOS
ログイン完了!次はウォレット(お財布)設定です!

ウォレット作成・シークレットフレーズを保存しておく


アプリ内右上のお財布マークから、自分のウォレットにアクセスするための6桁のウォレットパスワードを作成し、ウォレット作成画面に入ります。

12単語からなるシークレットフレーズが生成されますのでこれを記憶しておきます。

FOS
FOS
既に持っている別ウォレットのインポートもできるけど、おすすめは新規作成です。
この12単語のシークレットフレーズは必ずメモし、物理的に書き留め、自分だけがアクセスできる場所に保存してください。これは、アプリをアンインストールしたり、6桁のウォレットパスワードを忘れた場合に、ウォレットを復元するために使用されます。

アプリ内ウォレットにFITFIを転送する

$FITFIを既にお持ちの方は、このままアプリに$FITFIを送っていきます。

FOS
FOS
ここからAndroid携帯の人とiPhoneの人で操作が分かれます!また、 $FITFIを購入してない方はこちらを参考にBybit(バイビット)などの海外取引所で準備しておいてください。
Android の方
  1. アプリを開き、右上隅にある「ウォレット」アイコンをクリックします。
  2. 下の「RECEIVE」ボタンをクリック
  3. 「アドレスをコピー」ボタンをクリック
  4. コピーしたアドレスに、FITFIトークンを送金。
iOSの方

このプロセスは、iOS ユーザーの場合は少し異なります。

  1. ウェブアプリを開く
  2. アプリと同じメールでアカウントにログインし、
  1. Metamask ウォレットを接続します。
  2. トップメニューの「ウォレット」ボタンをクリック、
  3. トークンリストの上にあるメニューでウォレットを選択、

そのままFITFI ウォレットを選択し、転送をクリック

ゲーム内のSPENDINGウォレットに送金する金額を入力して、送信を確認します。

もう一度転送をクリック。

FOS
FOS
これでゲーム内に$FITFIが入りました!

NFTシューズ(BOX)を購入する

FITFIの転送が無事完了したら、アプリ内マーケットプレイスに移動して、自分好みのNFTシューズ(BOX)を選びましょう!

アプリ内マーケットプレイス
FOS
FOS
色々ステータスがあって迷うね!ステータスについては下で解説しますね!ひとまずお疲れ様でした!

【稼ぎ方】どうやって稼ぐ?

StepAppには、$FITFI/$KCALを稼ぐ方法が大きく分けて2つございます。

  1. NFT靴を履いて歩く/走る と移動する($KCAL)
  2. NFT靴を市場で売却する($FITFI)

NFT靴を履いて歩く/走る と移動する($KCAL)

NFT靴を装着して、移動することで一定距離・時間で$KCAL(ここでの表示は”KC”となっています)が溜まっていきます。移動距離はGPSと連動しています。

この$KCALトークンをそのまま$FITFIトークンに換えたり、その他トークンに交換することで稼ぐことができます。

FOS
FOS
ちなみに歩行中はスマホアプリをバックグラウンドでもいいから起動していないと計測されないです!もちろん、STEPNとの併用も可能です。

NFT靴を作成(ミント)し、市場で売却する($FITFI)

ミントには、耐久性MAXの2つのスニーカーが必要です。

FOS
FOS
ちなみに、STEPNと違うのはミントする時に、スニーカーのレベルに制限はない、こと!

FOS
FOS
TOPページのこの画面からMINTを選択することでMINTページに遷移します。

ここで現在のミント回数がわかります。

注意点として、
スニーカーは、ミント後にすべてのステータスに対して 15% のペナルティを受けます。そして、ミントごとにペナルティは最大75%まで受けます。
しかし次のミントの価格は安くなる、というメリットもあります。
FOS
FOS
これが難しいね。メインどころのスニーカーはミントしないのも手だね。ステータスが下がるのは痛い。

ミントの価格は、スニーカーの品質と、各スニーカーが以前にミントされた回数によって異なります。

たとえば、2つのスニーカーがあるとき。

スニーカー 1:レア、3回ミント済。

スニーカー 2:コモン、まだ1度もミントしたことがない。

この2つは図では次のようになります。

FOS
FOS
そしてその2つを合計します。
  • 3回ミントしたレアスニーカーは379KCAL
  • コモンスニーカーは169 KCAL、
  • 合計:548KCAL

シューズBOXをミントしたら、すぐに開けて新しいスニーカーを取り出すことができます。

そのままシューズBOXマーケットに出すか、ウォレットに保管することもできますが、ミント後 48 時間待つ必要があります。

シューズBOXのタイプは、親スニーカーの品質によって異なります。

新しいスニーカーのレアリティは、シューズBOXのタイプによって異なります。

新しいスニーカーのタイプは、親スニーカーによって異なります。

スニーカーの特性について

ミントの際、スニーカーはゲームに影響を与える特性を拾うチャンスがあります。

FOS
FOS
特性!!これもSTEPNにはないね!

たとえば、特性はミント価格を下げたり、スニーカーのステータスを上げる効果があったりします。

FOS
FOS
特性はこの部分だね!

シューズの稼ぎに影響する4つステータス

StepAppの靴にはそれぞれに4つの特性があり、こちらがその特性の対応表です。


Activity
アクティビティ
使用されたエネルギー単位ごとに、
獲得する$KCALトークンの量を決定します。

Luck
幸運
移動中に宝箱を受け取る確率を決定します。移動が長く続くほど、運属性値は高くなり、宝箱を受け取る可能性が高くなります。

BALANCE
バランス
バーン処理後に受け取るKCALトークンの数を決定します。

RESISTANCE
抵抗力
スニーカーの耐久値の減少率を決定します。

また、スニーカーそれぞれにレアリティがあります。

スニーカーごとに5段階のレアリティ
  1. Common
  2. Uncommon
  3. Rare
  4. Epic
  5. Legendary

スニーカーの種類

スニーカーの種類が異なれば、移動速度に応じて取得する$KCALトークンの量も異なります。これらについては、以下で詳しく説明します。

FOS
FOS
それぞれのスニーカーに適正速度があって、その速度の幅で移動することで、最大限$KCALトークンを獲得できます。

ウォーカー

のんびりお散歩に適しています。

推奨速度: 1-6 km/h .

ハイカー

速いペースや軽いランニングに適しています。

推奨速度: 4-10 km/h .

レーサー

ガチのランニングに適しています。

推奨速度: 8-20 km/h .

コーチ

どんなペースにも対応する万能タイプ。

FOS
FOS
欲しい。

推奨速度: 1-20 km/h .

その他のスニーカーの特徴:

耐久値(Durability)

スニーカーの耐久率を表します。走っている間、使用されるエネルギーの各ユニットは、スニーカーの耐久性レベルを低下させます。

耐久値が低いほど、スニーカーのステータスは減少します。

各レアリティには独自の安全マージンがあります。

  • コモン — 耐久値30
  • アンコモン — 耐久値50
  • レア — 耐久値70
  • エピック — 耐久値90
  • レジェンダリー — 耐久値110

ランクについて

移動した距離を表します。ランニング中に使用したエネルギーの単位ごとに経験値を獲得します。一定の経験値に達するとランクが上がります。

ランクが高いほどバーン報酬が高くなります。

レベルアップについて

スニーカーのレベルが上がると、そのステータスを向上させることができます。新しいレベルに到達すると、追加の属性がアクティビティバランス耐性の間でランダムに分配されます。

FOS
FOS
レベルアップ時のステータス上昇はランダムで決定!

レアリティごとのレベルアップ値

バーンについて

バーンとは、スニーカーを燃やしてKCALトークンを獲得できるプロセスです。

十分なランクを蓄積し、バランス属性を強化することで、スニーカーに投資したトークンを回収あるいは利益とすることもできます。

バーンはランク2以上になったスニーカーのみ可能です。
ランクを上げるには、スニーカーにエネルギーを費やす必要があります。

$FITFI(StepNetwork)でのNFTシューズ/BOX購入方法

ここからはNFTシューズを購入するために必要な$FITFI(StepNetwork)を購入する方法を解説していきます。

仮想通貨の購入は投資であり、リスクがございます。余剰資金の範囲内で行われることを推奨いたします。

具体的な流れは以下の通りです。

$FITFI(StepNetwork)購入の流れ
  1. 国内取引所(GMOコイン)を開設・BTC購入
  2. GMOコインからBybitへBTCを出金
  3. BybitでBTCとUSDTをトレード
  4. BybitでUSDTとFITFIをトレード
  5. BybitからメタマスクへFITFIを送金(StepNetworkチェーン)
  6. FITFI(StepNetworkチェーン)でNFTシューズを購入
FOS
FOS
手順は多く見えますが、私も最初はゆっくり進めていって、無事USDC(Polygon)を購入できました。丁寧に説明していきます!全く慌てないでOKです。※もし以下のフローでわからないことがございましたらお気軽にTwitterなどで聞いてくださいね。

①国内取引所(GMOコイン)を開設・BTC購入

画像出典:GMOコイン

まず、仮想通貨をお持ちでない方は国内取引所(GMOコイン)を開設してBTC(ビットコイン)を購入していきましょう。

↓↓↓

ここでGMOコインを推している理由なのですが、現在(2022.4)GMOコインがGMOコインの口座から日本円を入出金する場合の手数料が、無料だからです。

FOS
FOS
取引手数料のみならず、入出金手数料もすべて無料。これが大きいです。私もずっと使用していたZaifから乗り換えました。(余談ですがZaif使ったらBTCの送金手数料4,000円かかりました…泣
GMOコインの手数料一覧
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料 無料
取引手数料 無料
FOS
FOS
開設の流れは、メールアドレスを入力して、本人確認証(免許証でOK)をアップしたら完了です。最短10分で登録完了できます。

口座開設後は、入金手数料無料な即時入金を選択して、ビットコインを日本円で購入していきましょう。

ビットコインの購入方法は、

  1. 現物取引を選択
  2. 買いの売買区分の選択
  3. 数量入力
  4. 確認

で完了です。

FOS
FOS
日本円の入金・ビットコインの購入・送金の手数料無料はほんと神です・・。まだコ○ンチェックやZa○fにしか口座を持ってない人はGMOを作っておいて損はありません。

②GMOコインからBybitへBTCを出金

Bybit(バイビット)とは2018年に設立されたシンガポール(海外)の仮想通貨取引所です。

日本を含む世界130カ国以上の人々が利用しており、取引可能銘柄数は100を超え、現在(22.06)では登録ユーザーが600万人を超えています。

FOS
FOS
年中無休の日本語対応のライブチャットサポートがあり、初心者の方が安心して質問できる環境があるのもポイントです。

個人的には世界最大の取引所のバイナンス(Binance)の方が取引銘柄数や取引量、サービスの豊富さの点でまだ優っているところが多いと感じますが、Bybit(バイビット)にはこの”FITFI”のように、バイナンス(Binance)に上場していない銘柄を購入できたりもします。なので、その時要員としてこのBybit(バイビット)を利用しています。

↓↓↓

その他、基本的な情報は下記よりご参照頂ければ幸いです。

Bybit 詳細 リンク先
公式サイト Bybit(バイビット)公式サイト
Twitter Bybit(バイビット) Twitter
YouTube Bybit(バイビット) YouTube
Teregram Bybit(バイビット) テレグラム
Discord Bybit(バイビット) ディスコード

GMOコインでBTCを購入した後は、
Bybitにて口座開設を行い、
GMOコインから、BybitのBTCアドレス宛にBTCを送金
します。

FOS
FOS
手順としてはBybitでBTCの入金先のアドレスを取得して、そこに送る、って感じです!
FOS
FOS
ちなみに、Bybit登録自体は1分ほどで完了します^ ^

順にわかりやすく説明してまいりますのでご安心ください。

①Bybit(バイビット)へ口座を開設する(メルアド・パスワード)

流れはたった3ステップ

まずはBybit(バイビット)の口座開設(1分)から行います。

まずこちらからBybit(バイビット)へ新規登録を行います。

↓↓↓

上記の画面に遷移しますので、【新規登録】をクリックします。

ポップアップされた画面にて

  • メールアドレス
  • パスワード

を入力して【続ける】をクリックします。
すると、

先ほど登録したメールアドレス宛に認証コードが届きますので、ポップアップされた上記の画面でメールに記載された6ケタの数字↓(参考)を入力します。

ご自身の登録アドレス宛に届いたメールを確認します。

これで、登録が完了しBybit(バイビット)にログイン出来るようになります。

BybitのTOPページ
FOS
FOS
はやい!本当に1分ですね。

必要に応じてポップアップの取引ガイドもしっかり確認しておきましょう。

②本人確認手続き(KYC)のレベル1まで完了させておく

次に本人確認手続き(KYC)のレベル1まで完了させましょう。

レベル1とは具体的に、
以下のいずれかの本人確認証の写真送付顔認証作業を行うだけです。

  • パスポート
  • 国民IDカード(マイナンバー)
  • 運転免許証
  • 永住許可
FOS
FOS
これは様々な通貨を購入するのに必須な作業になります。パパッと終わらせておきましょう。

本人確認手続きの流れは以下の通りです。

  1. マイページ(自身のアイコン)からアカウント&セキュリティをクリック
  2. 本人確認(KYC)を行うを選択
  3. 必要書類をアップロード
  4. 顔認証
FOS
FOS
この4つのステップです!

マイページ(自身のアイコン)からアカウント&セキュリティをクリック

アイコンをクリックして、アカウント&セキュリティをクリックします。

アカウント情報のページに遷移しますので、そこから【本人確認(KYC)を行う】を選択します。

本人確認Lv.1のアップグレードを選択します。

FOS
FOS
これが様々な通貨を購入するために必要なアップグレードだね!

国籍でJapanを選択して、

お手元に用意した、

  • パスポート
  • 国民IDカード(マイナンバー)
  • 運転免許証
  • 永住許可

上記の中から必要書類を選択して写真撮影を行いページにアップロードします。

その後、画面の指示に従いPC/スマホの付属のカメラ機能を使用し自身の顔認証を完了させます。

FOS
FOS
ぐるっと顔を回したり、横を向いたり指示に従って認証を終わらせてしまいましょう!

すると数分で本人確認手続き(KYC)のレベル1の承認が完了するはずです。

FOS
FOS
ここまで長々と大変お疲れ様でした!

③Bybit(バイビット)へ通貨を入金する

いよいよ、開設済のGMOコインからでBybit(バイビット)へ通貨を入金します。

(BTC入金の例)

Bybit(バイビット)への入金方法は

【資産概要】→【現物】→【(指定の通貨の)入金】です。

Bybit(バイビット)の指定の通貨のウォレットアドレスをコピーしてそのアドレス宛に送金を行いましょう。

このページで

  1. 通貨→BTC(ビットコイン)を選択
  2. ネットワーク→BTC(ビットコイン)を選択
  3. アドレス→コピーしておきます。
FOS
FOS
この③のアドレスがGMOコインでBTCを送る時に必要になります。

入金先アドレスが確認出来たら、
あとはGMOコインの出金ページで送金の手続きを行ってください。

  1. GMOコインのHPで、入出金をクリック
  2. 暗号資産のビットコインを選択
  1. 暗号資産“送付”のタブから
  2. 新しい宛先の追加
  3. 先ほど取得したBybitのビットコインアドレスを入力
画像はバイナンスとなってます。ごめんね。

宛先登録が完了するとGMOコインの画面に反映されます。

  1. 宛先の選択で先ほどの宛先を選択
  2. 送付数量の設定
  3. SMS認証
  4. 確認

この手順で送付完了できます。

GMOコインの手数料0はほんとありがたい…
Bybitへ入金に掛かる時間はコインによって違うので一概には言えませんが、BTCであればおおむね30分程度でBybitに反映されるはずです。

④USDTを購入する

BybitへBTCの入金が終わりましたら、
FITFIのNFTシューズを購入するために必要となるFITFIを購入していきます。

まずはBTCをUSDTに変えるところから始めます。

全体の流れとしては、このような形になります。

  1. 【現物】
  2. 【現物取引】

  3. BTCとUSDTをトレード(上記画像)
  4. 【検索窓に”FITFI”と入力して、FIFTI/USDT取引を選択】

  5. USDTとFITFIをトレード

上記の画像でまず、③のUSDTまで用意します。

FOS
FOS
④【検索窓に”FITFI”と入力して、FIFTI/USDT取引を選択】から説明します!

上記画像の通り、検索窓にFITFIと入力して、FITFI/USDTペアを選択します。

FITFI/USDTペアの画面になったら、手に入れたUSDTを使用してFITFIを購入していきます。

今回は【現物・買い】を選択することで、FITFIを手に入れることができます。

FOS
FOS
ようやくFITFIが手に入れられた!

⑤BybitからメタマスクへFITFIを送金(StepNetworkチェーン)

MetaMask(メタマスク)のキャラクターのキツネさん。かわいい。

FITFIを手に入れたらあとはNFTシューズを購入するのにFITFI公式ページにアクセスして購入するだけなのですが、メタマスクの導入が必須です。

FOS
FOS
そもそもMetaMask(メタマスク)ってなに?

MetaMask(メタマスク)とは、
ざっくりと説明するなら、仮想通貨を入れておくためのお財布です。

  • Google Chrome(グーグルクローム)
  • Firefox(ファイアフォックス)
  • Brave(ブレイブ)
  • Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ)

こちらのブラウザを利用している方はMetaMask(メタマスク)をインストールしてすぐにウォレットを作成できます。

FOS
FOS
私がChromeユーザーですので画面はChromeで説明していきますね!

MetaMask(メタマスク)をインストールする

まず、MetaMask(メタマスク)をインストールしていきます。

▼MetaMask(メタマスク)公式サイト
https://metamask.io/

こちら↑↑↑からMetaMask(メタマスク)公式サイトに飛び、右上にあるダウンロードをクリックします。

FOS
FOS
日本語翻訳表示にしちゃってOKです!

【Chrome用のMetaMaskをインストールします】
をクリックします。

FOS
FOS
そのままChromeにダウンロードして拡張機能をONにしましょう!

Chromeにダウンロードされたら、
アカウントの作成をクリックして、パスワードの設定、バックアップ用のシードフレーズの入力に進み(12個の英単語が表示されるので入力していく)ます。

FOS
FOS
このシードフレーズは大事に保管しておいてね。


するとこのような画面になるかと思います。

FOS
FOS
これでお財布自体は出来上がった。あとはこのお財布をPolygonチェーン上で動くように設定してあげます。(もう少しだからついて来てね・・!!

MetaMaskに(StepNetworkチェーン)を設定する

ドロップダウンメニューから「Settings」を選択します。


そして、カスタムRPC(またはネットワークの追加)をクリックします。

ここでStepNetworkチェーンを追加するために、下記の情報を入力していきます。

  • ネットワーク名 Step Network
  • 新しいRPC URL https://rpc.step.network/
  • チェーンID 1234
  • シンボル FITFI
  • ブロックエクスプローラーURL https://stepscan.io
FOS
FOS
これが手動でStep Networkを追加する設定です!(公式情報なので安心して入力してください。)

すべて入力後に「保存」をクリックすると、
ネットワークの一覧に「Step Network」が追加され、ネットワーク接続がStep Networkに切り替わります。

FOS
FOS
みんなできたかな・・?!これでメタマスクの導入は完了です。お疲れ様でした・・!!

BybitからメタマスクへFITFIを出金

あとはGMOコインで行ったことと同様に、
BibtからメタマスクへFITFIを出金手続きを行います。

  1. BybitのHPで出金→仮想通貨の出金
  2. 通貨にFITFIを選択
  3. 出金先のアドレスにメタマスクのアドレスをコピーして貼り付け
  4. ネットワークはStep Networkを選択
  5. 金額(数量)を入力
  6. 出金

この流れで進めていきます。

FOS
FOS
③の”出金アドレス”だけわかりにくいと思うのですが、
さっきメタマスクを設定した時にStep Networkネットワークのアドレス(Step Networkチェーン)が発行されてるので↑これをコピーすればOKですよ!

出金ボタンを押し、承認をクリックで大丈夫です。

FOS
FOS
あとはメールで認証して出金が承認されるまで待ちます(5分くらいかな!

少し待った後でメタマスクを確認してみて下さい。

FOS
FOS
無事反映されておりましたでしょうか?これでメタマスクにFITFIが入金出来ました!おめでとうございます!

⑤FITFI(StepNetworkチェーン)でNFTシューズを購入

FOS
FOS
いよいよここまできました・・!

あとは、メタマスクに入ったFIFTIをゲーム内にインポートしていきます。

アプリ内ウォレットにFITFIを転送する

FOS
FOS
ここからAndroid携帯の人とiPhoneの人で操作が分かれます!
Android の方
  1. アプリを開き、右上隅にある「ウォレット」アイコンをクリックします。
  2. 下の「RECEIVE」ボタンをクリック
  3. 「アドレスをコピー」ボタンをクリック
  4. コピーしたアドレスに、FITFIトークンを送金。
iOSの方

このプロセスは、iOS ユーザーの場合は少し異なります。

  1. ウェブアプリを開く(PC操作)
  2. アプリと同じメールアドレスでアカウントにログイン
  1. Metamask ウォレットを接続します。
  2. トップメニューの「ウォレット」ボタンをクリック、
  3. トークンリストの上にあるメニューでウォレットを選択、

そのままFITFI ウォレットを選択し、転送をクリック

ゲーム内のSPENDINGウォレットに送金する金額を入力して、送信を確認します。

もう一度転送をクリック。

FOS
FOS
これでゲーム内に$FITFIが入りました!

あとはお好きなスニーカー(やBOX)を選んでください。

なお、おすすめ国内取引所はGMOコインですね。

FOS
FOS
国内大手取引所で安心感もありながら、出金時も手数料無料GMOコインはやっぱり最強で、BCGやる人の強い味方ですよね。コインチェックやZaifだとどうしても高額な手数料が取られてしまいますので、圧勝です。まだ口座を開設されてない方は是非検討してみてください。

↓↓↓

StepAppで稼いだ$FITFI/$KCALを現金化する方法

上記にご紹介させて頂いた$FITFIの購入方法と全く逆の手順を行えば、
ゲーム内で稼いだ$FITFI/$KCALを日本円にして出金することができます。

具体的な流れは以下の通りです。

$FITFI/$KCAL出金の流れ
  1. $FITFI/$KCALを公式HPよりクレーム(Claim)
  2. メタマスクからBybitへ$FITFI/$KCALを出金
  3. Bybitで$FITFI/$KCALとUSDTをトレード
  4. USDTとBTCをトレード
  5. Bybitから国内取引所(GMOコイン)へBTCを送金
  6. 国内取引所(GMOコイン)でBTCをお持ちの国内口座へ出金

よくある質問集

NFTシューズの保有量によるエネルギー(スタミナ)増加について

まず、靴1足あたり10のエネルギーとなります。(これがベース)

FOS
FOS
1エネルギーで1分歩ける!

そして、自分の靴の全てのステータスを合算した値で上昇値が決まります。

FOS
FOS
ステータスが上がれば上がるほどエネルギーも増える

次に、靴棚にある靴のステータス・数でスタミナが増加します。

FOS
FOS
ただし、棚に預け入れるともう取り出せなくなってしまうので注意です!

トーケノミクス

スニーカー バーンの 20% の手数料が差し引かれ、その 18% が Step App Treasury Fund に、残りの 2% が Step Protocol に送られます。さらに、すべての送金手数料もステップ プロトコルに入金されます。

 

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。